CDレビュー

CDレビュー

TOOLに愛を込めて⑤〜Fear Inoculum〜

これだけ、魅力と狂気に満ちたバンドは他にはいません。 まさに他の追随を許さないとは彼らのことです。本当にもっとたくさんの人たちに彼らのことを知って欲しいです。 そして、皆さんの元に彼らの音楽が届いて欲しいです。
CDレビュー

TOOLに愛を込めて④〜10,000 Days〜

以前のような暗く、壊れかかっている世界はもちろん健在です。 以前はそこにある種狂気のような恐ろしさもあったのですが、今作ではそれが少し抑えられている気がします。
CDレビュー

TOOLに愛を込めて③〜Lateralus〜

個人的には、『Lateralus』を推します。曲の構成、音圧、1曲1曲のクオリティーの高さは、こちらに軍配があがりますね。 ただ、アルバム全体の完成度の高さは間違いなく『Ænima』です。彼らの狂った世界観はあちらの方が堪能できますね。
CDレビュー

TOOLに愛を込めて②〜Ænima〜

前回に引き続き、TOOLというバンドの魅力とすごさをとことん語っていきたいと思います。 今回紹介するのは、今なお最高傑作と名高い、2ndアルバム『Ænima』についてです。 TOOLの快進撃はここから始まった 今作から...
CDレビュー

TOOLに愛を込めて①〜UNDERTOW〜

ボーカル、ギター、ベース、ドラムという4人体制。 ロックバンドとしては極めてシンプルな構成です。 それゆえ、サウンドには無駄が一切なく、そのうえヘビーです。 個人的に、このバンドサウンドの核となっているのは、ギターとベースだと思っています。