Korn一覧

KORN『The Serenity of Suffering』

ヘッドが復帰してからも精力的に活動してますね。 なんだかんだ言いつつも、新作が出たら買ってしまいます。 非常にパンチの効いたジャケットです。 これ持ってウロウロしていたら、警察に職質されそうな感じです(笑) 作品全体としては、前作の流れを踏襲したような正統派のハードロックになって…

KORN『Paradigm Shift』

絶対に戻ってこんと思っていた、オリジナルメンバーのヘッドが帰ってきました。 (宗教上の理由って一体なんやったんやろ??) ヘッドが帰ってきたせいか、バンド自体の音の厚みが増して、ゴリゴリのギターでヘヴィーな仕上がりです。 そんなヘヴィーさの中にも聴きやすさがありますね。 ハードロ…

KORN『The Path Of Totality』

これはまた変化球な作品で来たな〜。 曲ごとにプロデューサーが変わり、エレクトロニクスを中心にしている。ギターやドラムは実際の楽器を演奏しているのだろうが、エレクトロ・ロックと言えるのかどうか微妙な作品。 そもそもいろいろなアーティストをフィーチャーしているので、Kornの作品として扱うべ…

KORN『KornⅢ:REMEMBER WHO YOU ARE』

どんどんオリジナルメンバーが減っていく中、新ドラマー、レイ・ルジアーが加わりレコーディング。 前作ではメンバー脱退のあおりを受け、さらに音を加工しインダストリアルな内容で迷走状態な感じでした。 今作では、久しぶりに生々しい演奏で、パワー溢れるソリッドなサウンドを奏でてくれています。 …

KORN『Untitled』

前作より、またさらにメンバーが脱退。 大好きだった屋台骨のドラムのデイビッドが脱退ですよ。ついにKornもオリジナルメンバーが三人になるという事態に直面。 この事態にどう対処するのかと思いきや、サポートドラマーとして、テリー・ボジオ御大とバッド・レリジョンのブルックス・ワッカーマンを迎えたほ…

KORN『See You on the Other Side』

かなりパンチの効いたジャケットです。夜に一人で見ると泣きそうになるかも。 ギターのヘッドが抜けて、四人体制となってのアルバムです。(宗教上の理由での脱退ってどういうことや!?) サウンドとしては結構聞きやすくなっています。 Kornとしてのサウンドを求めるのなら、聞きやすいのはどうかと…

KORN『Take A Look In The Mirror』

前作のアンタッチャブルは少し凝りすぎた感じがして、あまり好きではない作品でしたが、今作は少し音がヘヴィーになって戻ってきました。 シンプルなのはシンプルなのですが、1stのような直情型のシンプルさではなく、ある程度メロディーを意識したような感じです。 そのため、ある程度耳に残るトラックが多い…

KORN 『Untouchables』

KORN史上最も物議を醸した作品、それがこのUntouchablesです。作品を経るごとに聴きやすくなっていますが、この作品は特にその傾向がある。初期作品の破壊衝動のようなものは影を潜め、曲を朗々と歌い上げていっているのが印象的。聴きやすさがよくなった分、飽きるのも早いような気がする。一曲目のHer…

KORN『Issues』

KORNの4thアルバムです。前作で少し聞きやすい作品へと作風を転換させた彼らでしたが、そのことが影響してか、今作は原点回帰を意識しています。しかし、初期の彼らのような抑えきれない衝動や荒々しさのようなものではなく、経験を積んだ彼らの重さが音に出ています。なので、音が重いアルバムになっているなと感じ…

KORN 『Follow The Leader』

Kornの作風は作品ごとに違うけど、この作品はまたがらりと変化。このバンドの凄さはこの変化の振り幅なんやよな〜。少しポップよりなので(他のバンドに比べればハードだが)、一番聴きやすい作品だと思います。もちろん重厚なギター、打楽器のようなベース、不自然なまでに甲高いスネアのドラムは健在。おすすめはGo…

KORN『Life Is Peachy』

Kornの二作目にして、もう一枚の傑作がこの作品です。Kornと言えばアルバムを出すたびに作風が変化するんですが、これは1stの延長にある。1曲目のTwistから度肝を抜かれる。友人はこの曲を聴いて聞くのをやめたけど…。唯一無二のヘヴィーなロックが聞けます。Good GodやA.D.I.D.A.Sな…

KORN『KORN』

なんという恐ろしい作品か。それはあまりにヘヴィーな音の恐さもあるし、鬼気迫るボーカルの咆哮のせいもある。初めて聞いたときは一度吐き気を覚えました。しかし、もう一度聞くと不気味さや怒り、悲しみの中に深いメッセージが感じられる。1曲目のBlindから12曲目のDaddyまで一貫して、そのメッセージが貫か…

トップへ戻る