大連マラソン小旅行〜市内ブラブラ〜



週末を利用して海辺の街大連にやってきました。
今回の目的は大連国際マラソンへの出場です。
ラッキーなことに抽選に通ることとなりました。
三年ぶりのマラソンですね!

まずはエントリーへ

飛行機を降りてすぐにホテルへ。
一人旅の時はいつも安宿しか取りませんが、今回は初の日系ホテルを予約。
ホテル日航大連に宿泊しました。

宿がいいと本当に心休まります。
しかも、マラソンゴール後の14時にチェックアウト可能という神対応!
いや〜、本当に素晴らしいバックアップです。

荷物を置いて早速エントリー会場へ。
歩いて約3キロなので、ちょうどいい運動です。

途中小腹がすいたので、羊肉のスープとパンを補給。

中国の都市全てに言えますが、大連の街も結構発展しています。

でも、路面電車が走っていて、他の中国の都市と比べて、少しレトロな感じがします。

そして、エントリー会場の大連国際会議場に到着。
外国籍選手なので、パスポートを見せたら無事にゼッケンを受け取ることができました。

その後は中に入り、記念のTシャツを受け取りました。
まさかの蛍光のオレンジでした。
デザインもはっきりいってダサい。パジャマ決定ですね(笑)

それにしても、参加者の規模の割にエントリー会場は結構あっさり。
日本の都市型マラソンなら物販もかなりあるのですが。

大連の物販は露店レベルでした。もちろんスルーです。

ここはスタート地点にもなっているみたいですね!
明日また戻ってくるぞ〜!!

ロシア風情街へ

大連はかつてロシアの租界地として発展したところです。
今回は行けませんが、旅順などは日露戦争の激戦地の一つにもなりましたね。
そんな大連にはロシア風情街があるというので早速行ってみました。

ホテルから徒歩10分ほどで見えてきました。
確かにロシアっぽいぞ。

ここからの通りがロシア風情街みたいですね。

早速行ってみることに。

なんと閑散とした通り。全然人がいない。

確かにロシア風情の建物はあるけど、これじゃあちょっとなぁ。

なぜか土産物はがっつりロシア。
しかし、ここでマトリョーシカを買う必要はないよな。買うんやったらモスクワ行くわ〜。
そんなわけで、失意の中ロシア風情街を後にしました。

大連といえば海鮮

その後は歩いて中山路へ。
ここは大連のちょうど中心部です。
歴史的な建物がたくさんあり、現在では銀行が入っているようです。

中国銀行のロゴ邪魔やなー。

大連に来て思ったけど、街全体がやっぱりレトロ。
路面電車だけじゃなくて、建物も趣あるのが多いね。
そうこうしているうちに、お腹も空いてきました。
せっかく大連に来たので、海鮮を食べることに。

近くにちょうど有名店もあったので、早速入りました。

ここでは生簀から選ぶスタイルです。
シャコを6匹とナマコを一つ注文しました。
さすがにマラソン前なので、少し控えめにしときました。

ナマコって酢の物しか食べたことないので、暖かいのは初めて。
火を入れたせいか、食感は酢の物よりも柔らかくなっていて、味もまろやかでした。

そして、シャコは辛めに炒めてもらいました。
味はバツグンだったのですが、いかんせん身が取りにくい。
テーブルと手をぐちゃぐちゃに汚して食べました。

お腹も膨れて後は明日のスタートを待つのみ。
三年ぶりのレースはどんなドラマが待っているのか楽しみです!
明日は頑張ろう!!






よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る