タイ旅行でのご飯〜パート2〜

タイ料理のざっくりとした特徴は前回紹介しました。
今回は、プーケット旅行中に、特に美味しかったものを紹介します。

トムヤムクンは様々な店舗を食べ比べるべし!

タイ料理と言われ一番に思いつくのは、なんといってもトムヤムクンではないでしょうか。
世界三大スープにも認定されている、あのすっぱ辛いスープは一度食べたら病みつきになること間違いなしです。
一度日本で食べた時は、ただ辛さだけが強調されていて、とても美味しいと言えるものではなかったです。

しかし本場のトムヤムクンは、辛さがただの辛さではなく、様々なスパイスが加わり深みのある辛さです。
そこにあのすっぱさが加わると、なんともいえない旨味に感じます。
辛さが後引く辛さになります。

そして、それぞれの店の味というものがあり店舗によって全然味が違いました。

一杯目に食べたトムヤムクン。
辛さはマイルドで食べやすい。具はエビ、野菜といったスタンダーなタイプ。

二杯目に食べたトムヤムクン。
酸っぱさがきつめだった。酸っぱさが上回っている分旨味が少なく感じた。

三杯目のトムヤムクン。
辛さは結構きつめ。正直舌がビリビリするほどだった。

だが、具がかなり盛りだくさんに入っていて、食べ応え満点。
マッシュルームがふんだんに入っており、きのこ好きに私とすればいい感じです。

四杯目のトムヤムクン。
辛すぎて正直飲むのもつらいほど。でも、辛さの中に旨味があるのでついつい飲んでしまう。
ただ、飲むだけでとんでもない量の発汗をしました。
トムヤムクンの味は、酸っぱさよりも辛さの方が重要なのだと理解しました。

そんな感じで、各店舗毎に違うトムヤムクンを食べ、タイ料理の奥深さを実感しました。
さてそんな中で、私がこの旅行中に特に美味しいと感じたのが以下の二店舗です。

Natural Restrant

プーケットタウンのはずれにある、タイ料理のお店。
ログハウス風の建物が目印です。結構はずれにあるために、道ゆくトゥクトゥクのドライバーたちに「ソッチニハナニモナイヨ」と言われました(笑)

三階はテラス席になっていて、開放感ある席でご飯をいただくことができます。
メニューもスタンダードなタイ料理をほぼ網羅してて、何を頼んでも間違いないかなという感じです。
結構有名な店らしく、日本人も多くきていました。

このパイナップルのチャーハンは子どもが大好きです。
パイナップルをそのまま容器にするのがいいですよね。

個人的にはこの料理が一番美味しかったです。
豚肉をカラッとあげているような感じでした。

De' Cafe

もう一軒はカマラビーチの近くにあるDe' Cafeというところです。
先ほどの店とは違って、決して有名店とは言えないかもしれませんが、温かい雰囲気が特徴のお店でした。

店員さんもすごく親切で、安心して食事を楽しめました。
いろいろとメニューはありますが、タイ料理の真髄とも言える魚料理が美味しかったです。

一匹丸々と揚げていて、そこに甘辛いソースをドバッとかけた豪快な料理です。
量、味ともに大満足のものでした。

タイは楽しい!そして美味しい!

今回のタイ旅行は、今までの旅行と比べて名所を積極的に廻ったりはしませんでしたが、ゆったりできたし、美味しい料理もたくさん食べられました。
ただ、タイ料理は辛いものが多いので、人によっては毎日お腹を下すかもしれません。
ですが、それでもまた食べたいと思わせるほど美味しいです。

みなさん、是非是非タイへ行きましょう〜!

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る