旅行中の香港飯

スポンサーリンク

沢山の中国の地域で色々なものを食べてきましたが、香港の料理はかなりの美味しさでした。今回は旅行中に食べた香港のご飯類をご紹介。

香港といえば飲茶

香港料理の代名詞と言えば、なんといっても飲茶です。
飲茶は本来昼に食べるものだそうですが、最近は観光客の需要などもあり、夜に提供をするお店もたくさん出てきました。
今回の旅行では、屋台の飲茶、店舗での飲茶と何回も食べました。

今回主に行ったのはこの店。

香港では有名なチェーン店だそうです。
チェーン店といって侮ることなかれです。

エビ入りのホクホクの点心です。
味は抜群!

これはエビとセロリ入りの点心。
シャキシャキした食感がいいですね。

点心だけではなく、肉類もオススメです。
特に美味しかったのは、牛の腸(通称ハチの巣と呼ばれる部位)です。
プニプニした食感と、ピリリとした味わいが最高でした。

厚いプルプルの皮でエビを包んだ韮王鮮蝦腸は特にオススメ。

デザートも点心。
こちらはカスタードクリームが入っています。
熱いのが余計に美味しく感じる。

最後は定番のマンゴープリンでごちそうさまです。
値段もそれほど高くなく、美味しいひと時を過ごせました。
この店、香港滞在中に2回もいきました。

お粥にハマる

ホテルに朝ごはんがついていなかったので、滞在中はずっとこの店にお世話になっていました。

ここはたくさんの中華粥のメニューがあり、味はどれも絶品でした。
朝からたくさんの人で賑わっているところからも、その人気の高さが伺えます。

中でも絶品だったのが、この及第粥です。
かつて、科挙が行われていた時代、これを食べると科挙の主席合格者の栄誉を手にしたという伝承がある、伝統あるお粥です。
昔これをマンガ「美味しんぼ」で見た時、絶対食べたいと思っていたので夢が叶いました。
豚のあらゆる臓物が入っているので、かなり濃厚な味です。
めちゃめちゃ精がつく感じですね!

サイドメニューも美味しかったです。朝からガッツ大満足です。

香港はデザート天国

食の都香港は、もう一つの一面があります。
それはデザートがとても豊富で、しかも美味しいということです。

まずはここです。
地図上ではうまく表示されませんでしたが、甜蜜蜜というお店です。

ここでは、生のフルーツを使ったスイーツが目白押し。
この写真は桃とマンゴーのデザートです。

そしてこっちは夏みかんとマンゴーのシャーベットです。
ひんやりしていて、暑い香港の夜にはぴったりのスイーツですね。

そして、ラストはここです。

糖朝というお店です。
普通の香港料理も食べられるのですが、有名なのはデザートの方です。
今回のおめあては豆腐花という豆腐を使ったデザートです。

これがその豆腐花です。これで小サイズです。大は相当な大きさと思われます。
そして、冷たいかと思いきやかなりアツアツです。

これをお皿に取り甘いタレをかけて召し上がります。
タレの甘さは控えめで、豆腐の味を際立たせてくれました。
あっさりして美味しかったです。

子供達は冷たいデザートを食べていました。
こちらもかなりレベルの高い味でした。

香港滞在中は、かなり食事の面で楽しめることができました。
さすがは世界を代表する国際都市ですね!

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る