旅行中の敦煌飯

今回は敦煌でのご飯を紹介。
砂漠の町ということもあり、手に入る食材が違うのか、中国の普通の町とは若干テイストが違う料理がたくさんです。

こちらはホテルの朝ごはんとして食べた包子。
ちょっとパサパサしている感じです。そこまで美味くはないです。

こちらは敦煌名物の驢肉黄面です。
驢肉とはロバの肉のことです。なんかくさそうなイメージがありましたが、結構あっさりした味わい。
中国風スパゲティって感じ。

こちらツアー中に食べた料理。
どうやら新疆料理みたいです。10人で食べたんやけど、とんでもない量が出てきました。
でも、みんなほぼ完食です。

敦煌の市場では、やはりスパイス系が豊富にありました。
また、羊や鶏が普通に店先に釣ってありました。

串のゴミの芸術(笑)


そして、西安でも食べた肉夹馍。この中身はもちろんロバ肉です。

そして、夜は屋台飯です。
ロバと羊の串焼きをたっぷり食べました。
青島ビールとともにいただく串焼きは最高です。

とにかくロバを食べまくった敦煌でした。
なんだかんだ言っても美味かったです!

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る