中国周遊12日目〜束河古鎮とお土産探し〜

今日は玉龍雪山に行こうと思っていたんですが、やっぱり体調面のことを考えてやめました。
その代わりに麗江にあるもうひとつの古城、束河古鎮へ行ってきました。
麗江古城と共に世界遺産に登録された古城です。

中国人の友人が言うには、「麗江古城よりも人が少なくて雰囲気がいい」とのこと。

確かに古城内の様子は、麗江とはまた少し違った感じです。
人も少なく歩いていて疲れない。

こっちは麗江古城に比べて水辺が多いかな。
その分どこか涼しげな印象ですね。

俺好みのオブジェを発見。一体なんの意味があるんやろか(笑)

色々と見ながらブラブラと歩いていたら、あっという間に時間が経ちました。
一度ホテルへ戻って休憩することに。

そして再び麗江の古城へ。そろそろお土産を買わないと。
職場の人みんなに買うと大変やから、普段色々とお世話になっている中国語スタッフと、中国語の先生に買うことに。

うーん、楽器は興味あるけど今回はパス。
雲南はお茶の産地だということもあり、お茶を買うことに。

店の人に中国人の人はどういうお茶がいいのかを聞いて購入。
そして、中国語の先生には花茶と呼ばれるものを購入しました。
最後に自分にも一つ購入。
自分はお茶じゃなくて、トンパ文字の辞典ですが(笑)

次の日は、虎跳峡へ行くつもりでしたが、大雨のためツアーが中止になったとのこと。
明日の予定が宙ぶらりんになってしまった。
23時の電車まで何をしたらええんや…。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る