メイズランナー 最後の迷宮

スポンサーリンク

メイズランナーの最新作、『メイズランナー最後の迷宮』を見ました。
前作はもうだいぶ前に見た気がする。どんな話か若干忘れてしまったけど、確か迷宮でもなんでもなくなった話やったような気が…。
今作は3部作の最終作。大風呂敷を広げた感じがするけどどんな結末を迎えるんやろか。

あらすじ

トーマス、ニュート、フライパンの3人は3人は友人のミンホを救うべく行動を開始。抗体を持つミンホは、WCKDでフレアウイルスの治療法を見つけるための実験の被験者になっていた。3人はWCKDの本部がある最後の都市へと向かった。
3人は最後の都市に辿り着いたが、町は防御壁に囲まれていて、容易に侵入できそうになかった。壁の外では、フレア感染者たちが「俺たちを壁の中に入れろ」と抗議集会を開いていた。WCKDの部隊が群衆に向かって発砲したため、人々は散り散りになってしまった。その騒ぎの中で、5人は覆面を付けた集団に身柄を拘束された。その集団の中には死んだはずのギャリーの姿があった。トーマス、ギャリー、ニュートの3人は都市の内部に潜入しミンホの行方を探す。しかしそこにはテレサの姿が…。

感想

時間が長い割に、アクションも少なくだらだらした感じでした。
1作目のワクワク感はもうなく、あとは物語の収束だけが気になるところ。
しかし、その物語自体も何やら尻切れとんぼな終わり方。
ある程度の道筋をつけた終わり方をしてほしかったな。
この作品は作数を重ねるごとに失速していく典型的なものやな〜。
もはや迷宮でもなんでもなくなった3作目。
1作目がいちばんの名作やな。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る