四川料理食べました

四川料理といえば、麻婆豆腐や火鍋といった激辛料理を思い浮かべるかもしれません。
もちろんそれも四川料理の特徴ですが、それだけにあらずです。
今回魚の鍋が有名な四川料理の店に行ってきました。

全体的には確かに辛いが、料理の組み合わせでその辛さが病みつきになります。
いわゆる後引く辛さっていうやつです。
中国の辛さには2種類あって、麻(舌がビリビリする辛さ)、辣(ヒーヒーいう辛さ)です。
辣は確かに辛くて、ひどいものは体の中から焼けるような感触です。
ですが、麻の辛さはどこか心地いいもののように感じます。

麻と辣をうまく食べ分けたたら味わいがもっと深くなります。
今年はもっともっと四川料理にチャレンジしてみよかな。

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る