ジャスティスリーグ

DCコミックスのアベンジャーズとも言えるジャスティスリーグ。
豪華絢爛なメンバーでの映画化です。
それぞれが個性のたったキャラクターたち、がどのような活躍を見せてくれるのか、期待に胸を躍らせ鑑賞しました。

あらすじ

『バットマン vs スーパーマン』での戦いで、自らの命を犠牲にして世界を救ったスーパーマンの行動を目にし、バットマンことブルース・ウェインは「信頼」の重要性を実感した。彼は戦いで出会ったアマゾン族の王女ダイアナ・プリンスと共に特殊能力を持った他の超人たちを集め、アトランティス、セミッシラ、S.T.A.R.ラボに存在する「マザーボックス」を手に入れようとするステッペンウルフとその手下パラデーモンによる脅威を向かえ撃つ…。

感想

結構な超大作かと思いきや、ストリーは結構サクサクと進みます。
DCコミック特有のダークさはあるものの、今までのものに比べるとやや軽快な衣装を受けます。
アクションも思ったよりも単調で、アベンジャーズのように壮大なものではなかったように感じました。
どうしてもアベンジャーズと比べてしまうな〜。
それにしてもジャスティスリーグのメンバー弱いのが気になった。
ステッペンウルフに完全にええようにやられとったな。
スーパーマンおらんと何にもできへんやん。
そして、スーパーマンは本当にすごすぎる。

続編も出るみたいやけど、このままやとコケそうな気がするのは自分だけかな。

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る