中国4000年の歴史〜故宮〜

スポンサーリンク

現在中国は、旧正月春節の真っ最中。
この時期北京には人が少ないと聞いたので、3日間の北京旅行に行ってきました。

2日目に自由時間が与えられたので、前から行きたかった故宮へ。
故宮は1日に80000人しか入れない入場規制があります。
そして、2017年10月よりチケットが全てネット予約になっています。
やり方はさほど難しくなく、春節前に無事購入できました。

そして朝一番に早速地下鉄で天安門東へ。

カオスでした。駅から天安門まで続く人の山。
どこが空いてるねん。そして、この段階で既にチケット完売のアナウンス。
中国おそるべし。

人の山をかき分け、天安門広場内に侵入。
いよいよ目指すは故宮です。

入場直前、また人の波にのまれる。
とりあえず割り込みに負けじと、こちらも積極的に行くことに。

天安門東駅におりたってから約1時間。ようやく故宮の内部に入れました。
中も人は多いですが、入口ほどではありませんでした。

故宮の象徴ともいうべき大和殿。

それにしても広い故宮。
中に入ってからもかなり歩きます。見所もたくさんあるので、常に歩きっぱなし。

なにやら中国の方々の人だかりが。
さっきじみた撮影会をしてたので、望遠レンズで遠くから撮影。

なんじゃこりゃ?皇帝の玉座??

少し路地(?)に入ると、人々の喧騒もなく落ち着いて歩けました。
周りの建物も見えないので、なんか古代中国にやってきた気分です。

最後は皇帝のお庭。
ここも人でごった返していました。

この日は故宮を見下ろせる景山公園もかなりの人だかり。

初の故宮、人は多かったけどその壮大な建築群の数々には中国のパワーを感じました。
最初は家族連れてくつもりやったけど、あんなに人多いとは思わなんだから、一人で行ってよかった(笑)

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る