ドクターストレンジ

久々にマーベルの新作を鑑賞。
今回は、魔法使いのドクターストレンジです。
今までは超人とか神とかが主人公のマーベル作品やったけど、今回は少し異色ですね。

あらすじ

ニューヨークの病院で働く天才外科医、スティーヴン・ストレンジ。
ある日交通事故に遭った彼は、外科医としては致命的な、両手にマヒが残る怪我をしてしまうい、その輝かしいキャリアを失う。あらゆる治療法を試した彼がm最後にカトマンズの修行場カマー・タージに辿り着く。そこで神秘の力を操る指導者エンシェント・ワンと巡り会った彼は、未知なる世界を目の当たりにして衝撃を受け、ワンに弟子入りする。そして過酷な修行の末に魔術師として生まれ変わったストレンジ。しかしそんな彼の前に、闇の魔術の力で世界を破滅に導こうとする魔術師カエシリウスが現われ、人類の存亡をかけた戦いの渦に巻き込まれていく…。

感想

普通の人間が魔法使いになったというわけで、ある意味今までで一番人間らしい感じのヒーローでした。
傲慢で、他人を見下しているとてもヒーローとは思えない人格。でも、色々と失い始めて自分のことや世界のことを見つめ直し、成熟していきます。
試練を乗り越えたヒーローほど強いものはないですね。そういう意味では、彼はマーベル屈指の心の強さを持ったヒーローなのかもしれません。

魔法を使う映像美はすごかったです。特に街が崩壊して行くシーンは、あのインセプションを思い出しました。

それにしても、このドクターストレンジの能力は反則レベルの強さです。
あの能力は使い方によっては結構無敵な存在ですね。
彼はこの秋のマイティー・ソーの最新作にも出演するらしいですが、どのように神々の戦いに絡んで来るのかが楽しみです。

そして、いよいよアベンジャーズのインフィニティーウォーも近づいて来たな〜!

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る