バケモノの子

bg0

久しぶりにアニメ作品を鑑賞。
金曜ロードショーで放送されていた「バケモノの子」を見ました。
細田監督作品は大好きなので、楽しみにしていましたが、サマーウォーズ超えたねこれは!

あらすじ

主人公蓮は、両親の離婚で父親と別れ、親権を取った母親も交通事故で急死してしまう。両親がいなくなった蓮は親戚に養子として貰われることになったが、引越しの最中に逃げ出し、渋谷の街を独り彷徨っていた。行くあてもなく裏通りでうずくまっていた夜、蓮は「熊徹」と名乗る熊のような容姿をしたバケモノに出逢うが、すぐに見失ってしまう。蓮は、「独りでも生きていきたい」との思いから、『強さ』を求めてそのバケモノを探しているうちに、バケモノの世界「渋天街」へ迷い込んでしまう。

自分を追ってバケモノの世界に踏み込んだ蓮を熊徹は見込みがあると判断、蓮は熊徹の弟子となった。自身の名前を言い渋った蓮は9歳だったことから熊徹に「九太」と名付けられ、2人は共同生活を始める。二人は性格がまるで合わず、事ある毎にいがみ合い、衝突した。しかしお互いに素の自分を出し切ってぶつかり合う修行の日々を重ねることで互いに心身とも成長し、いつしか親子のような関係が結ばれるようになる…。

感想

サマーウォーズはどちらかというとスペクタクル大編といった感じの映画でしたが、今作はバケモノと人間の種族を超えた絆を描いた心温まる作品。
荒んだ心を持った少年を、がさつなバケモノがずかずかとその心に入っていき、心を融かしていく過程は見ていてほっこりしますね。
お互い、相手のことをうっとうしく思いながらも、どこかで、相手のことをいつも考えている。
信頼関係を超えた師弟関係ですね。今ではこういう関係を描いた映画も少なくなってきたな〜。

それにしても熊鉄のがさつさと直情型の性格は見ていてスカッとするな。
声優さんの演技も素晴らしいと思ったら、なんと役所広司さんやないか。
他にもこの作品は、有名な俳優・女優さんが声優を務めております。
吹き替えにこういう俳優陣を充てるのは嫌やけど、日本の作品にやったらマッチするよな。

笑えるし、感動するし、久しぶりにいいアニメ作品に出会えました。

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る