Xミッション

20160120-pointbreak-main-thumb-950x713-19714

久々に食指の動くような映画を発見したので観ました。
なかなか手に汗握る映像美でした。

あらすじ

新米FBI捜査官のジョニー・ユタは、元エクストリーム・スポーツのアスリートという異色の経歴の持ち主。彼は目の前で親友が事故死したことをきっかけに捜査官を志したのだ。その頃、謎の犯罪者集団によるエクストリーム・スポーツを駆使した強盗事件が立て続けに発生。犯人は常人には真似できない危険かつ大胆な方法で犯行を繰り返していた。ユタは犯人の行動からその動機を推理し、彼らがかつて名を馳せたアスリートであり自然活動家のオノ・オザキが遺した試練「オザキ8」を完遂させようとしていると睨む。早速ユタは次なる試練の場所であるフランスへと向かい、そこで同じアスリート達からカリスマ的人気を誇るボーディと出会うのだった。

ボーディとその仲間が一連の事件の犯人であると確信したユタは、彼らと親交を深めることで一味の中へ潜入することに成功する。ところが、ユタはボーディらと共に危険なエクストリーム・スポーツに挑むことで、次第に彼らに対して友情のような特別な感情を抱くようになっていた…。

感想

CGなしのド迫力映像という触れ込みだったので、楽しみにして鑑賞しました。
数多くのエクストリームスポーツの映像が出てくるのですが、その迫力は確かにすごかったです。
もちろん、CGの部分もありましたが、そのほとんどが実写で実際にやっているんだと思うと鳥肌もんです。
特にすごかったのが、崖からの滑降、エンジェルフォールへのフリークライミングでしょう。
崖からの滑降はスピード感もすごく、あれはCGでは表現できない良さです。

ただこの映画のストーリーは大変残念です。
というよりも、映像の良さに全然追いついていません。
途中から話の筋がさっぱりわからなくなる感じです。
映像が素晴らしいだけに余計に残念な感じです。

ストーリーがもう少ししっかりしていたら、歴史に残る作品になったのにもったいない。
でも、映像は間違いなく必見ですよ。

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る