コードネーム U.N.C.L.E.

スポンサーリンク

poster

この二日間で、スパイ映画を二本鑑賞しました。
まずは一本目がこのコードネーム U.N.C.L.E.です。
1960年代にアメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』のリメイク映画だそうです。

あらすじ

東西冷戦下の1960年代前半。核兵器とその技術の拡散によって世界を滅ぼそうとする国際犯罪組織の存在がキャッチされ、その陰謀を阻止するべく手を組むことになったCIA工作員ナポレオン・ソロとKGB工作員イリヤ・クリヤキンは、組織に潜入する鍵を握るドイツ人科学者の娘ギャビーを守りながら、行方をくらませた科学者を探し出すため奔走する…。

感想

舞台が1960年代前半ということもあり、今の時代のような兵器や機器もないような時です。
最新鋭の見たこともない機器を使って、華麗に事態を解決するスパイ映画を見慣れているので、そんな年代のスパイ映画は大丈夫かなと思っていました。
しかし、そんなことは杞憂に終わりました。なんとスタイリッシュでかっこいい映画なんでしょうか。
オープニングから、その中身に至るまで、すべてが憎らしいまでにかっこいいんですよ。
古い時代を感じるさせるんですが、今にも引けを取らないぐらい新しくも感じる映像作り。
本当にうまく作ったあるな〜。

チャラくて女好きなアメリカ人スパイと、寡黙で短気なロシア人スパイのコンビもいいコントラストです。それぞれのお国柄を表現しているのかな(失礼)

ですが、ストーリーもうまく作りまこまれています。
スパイ映画らしく二転三転し、騙し騙されの連続で最後まで飽きさせません。
軽い気持ちで観ても十分楽しめる、スパイ映画です。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る