ジュラシックワールド

poster

昨年の公開で一番驚いたのがこの作品。
子供のとき1作目をドキドキしながら見たいい思い出があります。(特にT-REXが子供たちを襲うところ)
まさかこんなに月日が経ってから続編が出るとは思わなんだし、作品を重ねるごとに内容がダメになっていっていたので、今回はどうかなと思って見てみました。

あらすじ

「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後、恐竜を使ったテーマパーク、ジュラシックワールドが完成し、世界中から多くの観光客を呼び込めるようになっていた。
さらなる観光客を呼び込もうと、遺伝子操作を行った恐竜インドミナス・レックスを目玉として売り出そうとする。

ラプトルの調教師のオーウェンは、インドミナス・レックスの防護壁が適当かどうかを確認するために、檻に赴くが、檻の中にインドミナス・レックスはおらず、壁を駆け上がって脱走した模様。
急いで檻の中に確認をしに行くオーウェン。しかし、インドミナス・レックスはまだ檻の中に隠れており、オーウェンたちに襲いかかる。

そして、インドミナス・レックスはパーク内に脱走してしまう。
オーウェンたちはインドミナス・レックスを止められるのか。

感想

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202015-07-132019.01.44

今回のメインの恐竜がこのインドミナス・レックスです。
アマガエル、ラプトル、コウイカの遺伝子を掛け合わせて作られた恐竜です。
擬態能力あり、体温調節ありのまさにハイブリット種です。

この新種の恐竜を軸にしたストーリですが、一昨目に味わったあのドキドキ感を感じない。
恐竜の息遣いを感じられるようなスリルと興奮がどうも感じません。
映像は確かに20年前とは比べ物にならないぐらい綺麗になりましたが、なんか1作目の二番煎じ感が否めない。

俺は全作見たあるヘビーユーザーなので、感じ方が少し違うかもしれません。
初めてこの作品を見る方なら、恐竜の恐ろしさや迫力を感じられる映画です。

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る