LIFE!

スポンサーリンク

163468_01

久々にアクション以外の映画を鑑賞。ベン・スティラー主演のLIFEです。
ベン・スティラーといえばコメディータッチの作品が多いが、今回は少し真面目な仕上がりの作品で今までの彼の作品とは違った感じに。

あらすじ

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」というスローガンを掲げる伝統的フォトグラフ雑誌『LIFE』。主人公ウォルターはそこでネガ管理部門を任されている平凡な男。
そんな時社が買収され、 LIFEも次号を持って廃刊することが決まる。
フォト・ジャーナリストであり、冒険家のショーンは、LIFE誌の最後を飾る表紙のために、ウォルターに感謝の言葉とともにネガを送る。
しかしショーンが「自身の最高傑作ゆえに、最終号の表紙に相応しい」と記す「25番目のフィルム」はそこにはなく、撮影フィルムから欠けていた。
ウォルターは25番目のフィルムを探すために、そしてショーンに会うために思いがけない冒険へと旅たつ。

感想

見始めた時は、空想に耽るおじさんの軽いコメディータッチな映画だなと思いました。
淡々と進んでいくし、盛り上がりにもかけるし。
ですが、ウォルターが壮大な旅を始める頃には、すっかり物語の中に引き込まれます。
日常から非日常への旅たちに、ウォルターは戸惑いながらも、次第に心を解放していく。
そして、その中でかけがえのない経験をし、「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」というLIFE誌のスローガンを体現していく。

壮大な自然の映像が美しく、あたかもそこにいるような感じをさせてくれます。
それだけじゃなく、旅や冒険って自分をこんなにも変えてくれるんやって実感できます。
個人的に映像以上に良かったのは音楽。久しぶりに映画音楽を聞いて鳥肌が立ちました。
ベン・スティラーってこんなにも才能ある監督やったんやと思い知らされましたね。

ちょっと人生観が変わりそうな映画です。
個人的にかなりの傑作。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る