怪盗グルーの月泥棒

スポンサーリンク

T0008805q

久々にアニメ映画を見ました。怪盗グルーシリーズの一作目です。

あらすじ

郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをする事が大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。
グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまう。グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのだが、何故かその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることになってしまう。

感想

月を盗むという途方も無い事をしでかすから、どんな映画かと思ったけど、楽しいコメディー調の映画でした。
ただ、途中からグルーと子供達の心の触れ合いや、微妙な距離感を描く心温まる作品でした。
日本語吹き替え版を見たけど、主人公の吹き替えが笑福亭鶴瓶。
最初は違和感あったけど、この配役は相当ハマったあるね。

そして、この映画のもう一つの魅力が、ミニオンというキャラクター。

minions1

バナナのような外見をして、変に毛が生えたあて若干気持ち悪い。
でも、このキャラがいい味を出しているんです。
このキャラが主演のスピンオフが作られるのも納得。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る