歴史街道丹後ウルトラマラソン スタート〜56km

IMG_6533

いよいよやってきた当日。
前日はなかなか眠れませんでしたが、9時過ぎには寝て、この日は2時30分起床でした。そして、車で会場近くの駐車場へ。
しかし、すでに会場近くの駐車場は満車。なので、少し離れた網野中学校へ停めて、シャトルバスで会場入り。

IMG_6532

会場はすでに多くの人がいて、真夜中とは思えないぐらいの熱気。
エイドもすでにでていて、走る前には嬉しい計らい。
とりあえず黒砂糖とスポーツドリンクで最後の栄養補給。

56km、73km地点に預ける着替えをトラックに積み、いざスタート地点へ。
これから始まるであろう地獄の14時間に向けて気持ちを高めました。

IMG_6534

スターターはなぜか芸人のチャドマレーン。なにやらギャグをかましていましたが、こっちはすでにそんなものを聞く気持ちの余裕もない(笑)
そして、号砲とともにいざスタート。初のウルトラ完走目指しての戦いが始まりました。

今回のコースはこんな感じです。

coursemap-0909

スタート〜10kmと35〜45kmの七滝峠。そして60km〜80kmの碇高原越え。
ここをいかに越えるかが肝となってくるでしょう。
目標は80km地点で10時間。これが達成できれば後は歩いてでもゴールできるはず。

スタートしてすぐ、歴史ある街並みを走っているんでしょうが、真っ暗闇でなにも見えず。
でも、こんな朝早くなのにおばあさんたちが沿道に出て応援してくれています。ありがたいです。それが前に進む力になります。
そして、海岸線に到着。ほとんど前が見えません。そして何よりも眠い。
とりあえずマイペースでまったりと走ります。
それにしても最初の10kmのコースがキツすぎる…。なんちゅうアップダウンや。

IMG_6540

10kmを越えたあたりで、道もまともになり日も出てきました。
ちょっとだけ景色を見る余裕も出てきました。
体もようやく暖まってきたようで、眠気も覚めてきました。

IMG_6546

20km地点を通過。まだまだ集団がばらけない。
さすがにウルトラに出ようと思う人たち。この程度は屁みたいなもんなのか。
俺の体の状態も悪くない。

IMG_6550

エイドではこまめに栄養補給。
今回嬉しかったのは、ジェルが置いてくれてたこと。
固形物がきついときは本当に良かった。

IMG_6552

30km地点も無事通過。
歴史的な街並みと風景のコントラストが素晴らしい。
ん〜、どうやら体の調子がすごくええみたい。
フルマラソンのベスト出した時に近いペースでいけたある。

IMG_6553

そして、ここからが前半の山場。また海岸線の猛烈なアップダウンを登っていく。
ここは踏ん張って一度も止まらずに走り抜ける。すると目の前に42.195kmの距離表示が。
時計を見ると、4時間46分でした。セカンドベストやん…。このコースじゃなかったら絶対ベスト出たあるやん。
いい記録が出て気持ちもよく大規模なエイドに到着。

IMG_6558

ここではうどんを食し、中学生からのマッサージサービスを受けました。
マッサージを受ける前は気休め程度だと感じていましたが、これは本当に良かった。
この後もエイドで何回かしてもらうのですが、これがなかったら確実に完走はできなんだやろな。

さすがに50kmを超えたあたりから脚に疲労が溜まってきた。だがまだまだ先は長い。
50kmの通過は5時間51分22秒でした。当初のプランより若干早いペースです。
そして56km地点の弥栄地域公民館で、預けていた荷物を受け取り、着替えを行っていざ後半戦へ。
最難関の碇高原に挑む!

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る