るろうに剣心

スポンサーリンク

rurouDVDJ001b

原作の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は大好きな漫画です。
漫画を実写にするとどうも残念な結果になることが多いんですが、この作品はなかなか良かった。

あらすじ

時は明治。
幕末という動乱の時代を経て、日本は太平の世を迎えようとしていた。
幕末の京都で人斬り抜刀斎と恐れられた緋村剣心は、不殺の誓いを掲げ明治の世を生きていた。
そんな彼が、神谷活神流の師範代である神谷薫と出会い、再び戦いの渦中に身を投じていく。

感想

佐藤健演じる緋村剣心は漫画のままのキャラ。
よくぞあそこまで役作りをしたと思えるほど。
他のキャラの個性も際立っています。
鵜堂刃衛は吉川晃司、壬生狼の斎藤一は江口洋介。
そして悪役の武器商人武田観柳は、高圧的な感じを出すのが得意な香川照之。
これだけの俳優陣が一級のアクションをするんやから、面白くないはずがない。

特に剣心の神速の剣さばきが実写でみるとあんなに迫力あるとは。
唯一残念やったのは、俺の大好きな斉藤一の牙突が全然なかったこと。斎藤の代名詞やのに。

続編は志々雄真実の京都編らしいんで、原作ファンとして期待大!

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る