パシフィックリム

スポンサーリンク

bg_4

今回見たのはパシフィックリムという映画です。
怪獣対ロボットという特撮ファンなら垂涎モノの映画でした。

ストーリー

地球ではある日を境に、”怪獣”と呼ばれる存在が人類を脅かしていた。
怪獣は日に日に人類を滅ぼしていったが、人類もイェーガーという兵器を用いて怪獣を駆逐していった。
しかし、怪獣の出現のペースや怪獣達の進化も相まって、人類は再び劣勢に追いやられていく。
そんな中、人類は最後の手段として、怪獣達の出現ポイントである、太平洋の裂け目に核弾頭を打ち込む作戦に出る…。

感想

パッと観て感じるのは、この監督日本の怪獣映画好きなんやろなってこと。
だって洋画やのに、怪獣ってそのまま発音もカイジューやで。
戦闘シーンも迫力満点。ロボットやからスピード感はないけど、街をドッカンドッカン壊していきながら戦う様は見ていて興奮します。
人類を圧倒的な力でねじ伏せる怪獣に、ロボットで立ち向かっていく姿はなんか子供の頃に感じたワクワク感を取り戻してくれるな〜。
そして、この映画アメリカのまっすぐな精神も見事に体現されています。(みんなで平和を守るぞ〜的な)
素晴らしい娯楽映画でした!

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る