梅仕事

スポンサーリンク

IMG_2618

今年も店頭に青梅が並ぶ季節になってきました。
我が家では毎年、梅を使って梅酒と梅ジュースを漬けています。
しかし、去年は忙しさから漬けるのを忘れてしまったため、今年は飲める梅酒がない(泣)
今年は頑張って漬けるぞ〜。

梅酒の作り方

写真 1-1

まずは竹串で一個一個ヘタを取っていく。
地味でめんどくさい作業やけど、これが一番大事。出来上がりの味にも影響するし。

写真 2-1

ヘタを取った後は水洗い。汚れやゴミを入念に落とします。
その後はタオルで水気をふき取る。ちゃんと拭き取らな腐ってくるからな。

写真 3-1

そして、ビンに梅と氷砂糖を交互に入れていく。
結構アバウトでも大丈夫なのです。(ちょっと適当すぎたかな・・・)

写真 1

そして、いよいよお酒を投入。
通常の梅酒はホワイトリカーを使うんやけど、今回は初めて梅酒ブランデーを作ってみようかと思います。
氷砂糖はそんなに多くなくてもええみたいやけど、俺は甘めが好きなので少し多めに入れました。

写真 2

すでに美味そうな感じです。ですが、まだまだ熟成させないといけません。
だいたい3ヶ月ぐらいしたら飲めるみたいなんやけど、俺はいつも1年は寝かせます。
そっちの方がより深い味わいになるしね。先は長いけど楽しみにしとこ〜。

写真 3

梅ジュースも作りました。
こちらは少し工程が違って、梅を一度凍らせています。
そうすることによって、より早くエキスが出るんです。
梅1キロに対して、グラニュー糖1キロを入れておきます。
2、3日するとグラニュー糖が溶け出してくるんで、1日に何回かビンを振ってあげます。
2週間ぐらいして、グラニュー糖が全部溶けたら飲めます。

夏にぴったりの最高の飲み物ですよ。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る