RYOBI J-6500VDL

スポンサーリンク

IMG_2552

最近DIYにジグソーを使う頻度が多いです。今使っているのは親から借りている物ですが、RYOBI J-6500VDLです。
ノコギリで切るには長い物や曲線切りに大活躍です。

 スペック

切断能力 木材 65mm、軟鋼板 6mm、傾斜切断(左右) 0~45°
ストローク数 0~3,000min-1
ストローク 20mm
電 源 単相100V
電 流 4.2A
消費電力 400W
質 量 1.8kg
サイズ 長さ205×幅67×高さ173mm

 レビュー

IMG_2554

何と言っても魅力は電動工具ならではの馬力。
細い刃ですが、スイッチを入れれば難なく切断していきます。
オービダル機能(ブレードが前後に振り子運動する)も付いているので、その分さらに切断スピードが速くなっています。
ただ、この機能を使って切断してしまうと、すごいパワーで切ってくれるんですが、切断面にものすごくバリが出てしまいます。

IMG_2576

また、ジグソーは直線の切断には向いていないので、直線切りをする場合はそれなりの道具が必要です。
付属のストレートガイドではちょっと無理かな。専用のジグをとかを用意せなね。

ジグソーが真価を発揮するのは何と言っても曲線切り。
木材を円形に切り抜く時にはジグソーは欠かせません。
この際にはオービダル機能を切るべし。ゆっくり慎重にやったほうがきれいに切れます。

IMG_2600

頑張れば字を書いて切り抜くことだってできるはず。自分はやってみたら汚くなったけど。

木材だけでなく、鉄板や塩ビ菅だって切れます。
その際はブレードを交換する必要があるんですが、この機種はワンタッチで交換可能なのですごく楽です。

IMG_2553

丸ノコは怖くて使えない、またそんな場所がない時はこのジグソーは魅力的。
直線は手のこで十分切れると思うので、曲線切りはこのジグソーでかっこよく決めましょう。

トップへ戻る