RYOBI CDD-1020

IMG_2556

自分の道具の中でも、最も使用頻度が高い電動ドリルドライバーRYOBI CDD-1020です。
以前にもう一つ、充電式の電動ドライバーを持っていましたが、それが箸にも棒にも掛からんひどいものでした。
そいつに見切りをつけて購入したのがこれです。

スペック

最大穴あけ能力 鉄工 8㎜、木工 21㎜
ネジ締め能力 木ネジ 5.1×40mm
チャック能力  0.8~10mm
最大トルク 

(ドリルポジション)

高速 8.3N・m、低速 30N・m

クラッチ 20段+ドリル
クラッチトルク 0.8~4.4N・m
回転数 高速 0~1,000min-1
低速 0~300min-1
電 源 単相100V
電 流 1.8A
消費電力 160W
質 量 1.0kg
サイズ 長さ220×幅62×高さ180mm

レビュー

20段クラッチということもあり、木材に合わせて細かな調整ができる。
また、低速・高速もスイッチ一つで切り替えられ、手元のレバーの握り具合でも回転数が切り替えられるため、かなり微妙な力加減にも対応する。

IMG_2555

木材にもよりますが結構長いビスもガンガン打ち込んでいくことができます。
前のやつは途中で止まったりしたからな〜。
ダボ継ぎにもよく使うんですが、8mmのドリルでサクサクと穴が開けられます。
勢い余っていきすぎるぐらい。
これ以上のパワーを求めるんやったら、もうインパクトを買うしかないんちゃうかな。
(自分はまだ持っていません)

パワーの割に音もそれほどうるさくなく、環境にもよりますが夜に使ってもそれほど迷惑にはならないと思います。
DIYや家具のネジ締めには十分すぎるほどのパワーです。

なお、付属品にはドライバビットは一種類しかついていないので、自分は10本組のドライバビットとドリルビットを購入しました。

トップへ戻る