簡易作業台

スポンサーリンク

IMG_2572

最近物作りに目覚めてきて、どんどんと何かを作りたい欲求が出てきています。
いいものを作るには、それなりの作業スペースが欲しい。でもそんな場所はない。
少しでも、作業の効率を上げる足しになればと、簡易作業台を作りました。
今回はVIC’s D.I.Yさんの多目的置き台を参考に作らせてもらいました。

材料

ヒノキ材2m 5本
スギ荒材1m 2本

ワンバイ材での作成となっていましたが、前回の台所収納棚制作で余った材料をそのまま使いました。
作業台にしてはちょっといい材料な気がする。

制作開始

今回は長さ60cmの作業台ということで、それに合わせてノコギリでせっせと切断。
最近ノコギリのコツをなんとなく掴めてきて、ある程度は真っ直ぐに切断できるようになってきました。

まずは天板を設置するための受けを制作。
今回は全部ビス留めなので、がたつきもせずにできました。
そして、そこに足をつけていきました。

足の補強材にはスギの荒材を使用。見えにくいところやから荒材でもオッケーやろ。
これで強度もバッチリ確保です。

IMG_2571

そして、最後に天板を打ち込んで完成。
天板の部分だけ作業するときにビスが当たったら嫌なんで、隠しクギにしました。

IMG_2573

使わないときは物置台としても活用できるので、結構気に入ってます。
こいつを作ってから、ノコギリを切るときにさらに切りやすくなりましたよ。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る