シュガーラッシュ

スポンサーリンク

sugar159165_01

久々にディズニーのアニメ映画鑑賞です。
今回はゲームの世界の悪役たちが主人公という一風変わった設定の「シュガーラッシュ」です。

 ストーリー

舞台はとあるゲームセンター。営業時間中はプログラムに従って客たちを楽しませているゲームキャラクターたちは、実は自分の意思を持ち、閉店後にはコンセントを辿って他のゲームに顔を出しては交流を深めていた。
そんなアーケードゲームの一つ「フィックス・イット・フェリックス」で悪役を演じる大男ラルフが、ヒーローのメダルを獲得するために他のゲーム「シュガーラッシュ」に乗り込んでいく・・・。

 感想

ディズニーらしく、コミカルな動きと会話で見る人を終始飽きさせません。
また、ゲームをやったことがあるなら、ストツーのザンギエフやベガ、マリオシリーズのクッパなどが愚痴をこぼすシーンが出て来て、思わずほくそ笑んでしまいます。
嫁と一緒に見たのですが、「かなりグッときた」と言っていたんですが、俺はそこまでグッとはこず。
でも、おもしろさは抜群です。時間があっという間に過ぎていきます。
小さい子どもと一緒に見たほうが感情移入しやすいかもね。

スポンサーリンク

よかったらシェア

フォローする

トップへ戻る