アナと雪の女王

13110101_Frozen_00

昨日、今年の大ヒットディズニーアニメ『アナと雪の女王』を見ました。
カーズとかモンスターズインクとかのピクサーアニメの映画はよく見るんやけど、本格的なディズニーの映画って見るの初めてかも。
何でかって言うと、ディズニーの映画って基本歌を歌うミュージカル形式のやつが多いよね。
俺ミュージカル映画って大嫌いなんやよね。見やるとなんか恥ずかしくなってくる。

ストーリー

ストーリーはもうほとんどご存知かと思うので、超簡単にまとめます。
姉のエルサの魔力が暴走して、辺り一帯が永遠の冬になってしまったので、それを元に戻すために妹のアナが奮闘するお話。

感想

案の定始まってすぐのミュージカル形式。
ちょっと辟易としながらも見ましたが、CGのきれいな事きれいな事。
今まで見たアニメ映画の中では群を抜くぐらいのCGの凄さ。登場人物動き過ぎ。
時にコミカル担当のオラフの存在感はよかったな。

そして、映画全体も思ったよりもよかった。時折出てくるミュージカルもだんだん慣れてきたわ。
嫁は感動して涙しやったけど、俺は感動するほどまではいたらず。
エルサの魔法で心凍らされたあたんかな(笑)
わかりやすい内容やから、色んな人が見ても大丈夫な映画やね。歴史的大ヒットするのはよく分からんけど。

それにしても一番びっくりしたのは、松たか子の歌唱力の高さ。
本職の歌手以上やん。去年の紅白出たら良かったのに。

トップへ戻る